ホームページで集客できる? HPを持っている企業は売上も高い

ホームページ制作を検討中のフリーランス・個人事業主、中小企業経営者の皆さんHPを持つ事で集客力・営業力や売上が上がる事をご存知ですか?

今回は「野村総合研究所」や「中小企業白書」のデータをもとに、ホームページを持つ事で売上アップや営業力の強化につながったというデータをご紹介します。

野村総研「ホームページを持っていると売上が増える、HPの保有と売上には強い相関関係がある」

こちらは野村総研が調査した各県企業のホームページ保有率と、従業員一人あたりの売上平均の相関を調べたデータです。

企業のホームページの保有率が高い県ほど、売上も高まる傾向にあり。全体的に右肩上がりの帯になっています。

SHIN

ホームページをたくさん持っている県ほど、従業員一人あたりの売上が高いです。

関西のHP保有率が高い ⇒ おそらく訪日外国人向けの観光HPの保有率が高い?英語・中国語・韓国語あたりのHPをばっちり準備しているのではないでしょうか?

同じく訪日外国人の多い沖縄は? ⇒ HP保有率も低く、比例して一人あたりの売上も低いです。HPがないため機会損失が発生しているのでは?

関東と関西を比較すると訪日外国人は関西のほうが高いです。ゆえに関西地区はHP導入を支援しているか、インバウンド強化をしているのか、何がしかの施策を県レベルでしているんでしょうか。関西のほうがHPの保有率が高いですね。

観光都市だから売上が上がったわけではなく(沖縄はHP保有率低く売上も低い)、HP保有率が高いから売上も上がっているのでしょう。

HPを保有しているから売上があがっているため、観光業以外でもHPを持つことで売上を上げることができるといえます。


中小企業庁「ホームページを新規制作した企業は無い企業より4倍多く『集客力アップ』を実感」

ホームページを制作することで売上はどれほど増えるのでしょうか?

中小企業庁が小規模事業者に向けて「ホームページ開設の有無と、その後の売上変化」の調査をしました。

ホームページを開設する事によって売上にどれほど変化があったのでしょうか?

ホームページを開設していない事業者よりも、開設している事業者の方が、販売先数が「大幅に増加した」、「やや増加した」と回答する事業者が多いことが分かります。

  • ホームページ有り:「大幅に増加した」「やや増加した」は37.8%
  • ホームページ無し:「大幅に増加した」「やや増加した」は8.7%

ホームページを制作することで、販売先数の増加につながっていることが確認できます。

SHIN

ホームページを制作することによって「売上が増えた」という企業が多いことがわかります。

野村総研「HPを作った企業は持っていない企業より、社員一人あたり110万円売上げが高い」

それでは、ホームページの有無によってで売上にどれほど差が出るのかを見てみましょう。

こちらは野村総研が調査した企業のウェブサイト保有と一人あたりの売上高の関係データです。

  • ホームページ有り:一人当たり売上高は360万円
  • ホームページ無し:一人当たり売上高は260万円

SHIN

HPを持っている企業は売上高にして110万円売上が多く、約1.4倍の差があります。

まとめ

  • ホームページを保有している企業の割合が高い県ほど、従業員一人あたりの売上が高い
  • HPの開設による変化では、HPを制作したことによって「売上が増えた」という企業が多い
  • HPを持っている企業は売上高にして110万円売上が高く、無い企業と比較すると約1.4倍の差があった

関連記事

なぜホームページを保有すると売上がアップするのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA